Sonnox® Oxford Dynamic EQ

Sonnox® Oxford Dynamic EQ

$249.00

ショッピングカートに商品がありません。

$249.00

ショッピングカートに商品がありません。

今までのマルチバンドコンプの超える

UADハードウェアとApolloインターフェイス用のSonnox Oxford Dynamic EQプラグインを使用すると、オーディオの周波数成分を高いレベルでコントロールできるため、ミキシング、マスタリングのいずれの作業においてももっとも厳しいプロダクション上の課題に取り組むことが可能です。

UADプラットフォームで最初のダイナミックEQであるSonnox Oxford Dynamic EQプラグインはマルチバンド・コンプレッションの優れた優れた代替品であり、ソースを無限に、そして正確にシェイプすることが可能です。

新機能

特定の周波数レベル、またはオンセット(トランジェント)検出によってトリガーされるEQを適用

ブーミー、または耳障りなボーカルやギター、シンバルをシェイピングするには、ダイナミックトーンシェイピングを使用

5台5箇所の重複した周波数帯域を使用してオーディオをプロセッシング

直感的なユーザーインターフェイスで複雑なEQタスクを実行可能

試聴

試聴
ダイナミック・パフォーマンス

ダイナミック・パフォーマンス

Oxford Dynamic EQプラグインは、スタティックEQの精度とマルチバンド・プロセッサーのレスポンスと柔軟性の両方を最大限に引き出します。また、マルチバンド・コンプレッサーに共通するフェイズ・アーティファクトやレイテンシーの問題もなく、ダイナミックに音色を整えることができます。

フルオーバーラップする各帯域

フルオーバーラップする各帯域

クロスオーバーを使用して周波数スペクトルをラジカルにスプリットするマルチバンド・コンプレッサーとは異なり、Oxford Dynamic EQの5つの周波数帯域は、流動的に重なり合わせることができ、キャラクターの修正やプロセッシングの双方の柔軟性が向上します。

オンセット・ディテクション

オンセット・ディテクション

Oxford Dynamic EQプラグインのオンセット・ディテクションでは、EQプロセッシングをトランジェントによってトリガーするように設定可能です。これによりパーカッシブソースをブースト、またはカットしたり、ボーカルのノイズをコントロールするために新しいレベルでの精度が得られます。

トータルコントロール

トータルコントロール

Oxford Dynamic EQは、プロセッシングを絞り込み、目標をわかりやすくするための様々な方法が用意される前例のない柔軟性を提供しています。各バンドごとにステレオ、モノ、ミッドサイド・オペレーション、周波数スペック、オンセット・ディテクションまたはアップワード/ダウンワード・コンプレッション、またはエクスパンションや独立して調整可能なサイドチェイン・フィルターを選択することができます。

使いやすさ

使いやすさ

Oxford Dynamic EQは、すべてのパワーや使いやすさを持ちつつも従来のEQプラグインと同じように簡単に調整することができ、経験豊富なプロフェッショナル、またはスタジオ・ビギナーであっても、ユーザーインターフェイスは直感的に使用でき、威圧的ではありません。

特長

パワフルなダイナミックEQで、プロフェッショナル・レベルの透明度とコントロール性を兼ね備えたOxfordシグネイチャー

オプションのシェルフタイプを持つ5バンド“R3 Type 3”プロポーショナルQダイナミック・イコライゼーション

すべてのバンドで流動的にオーバーラップさせ、モノ、ステレオ、ミッド/サイド・チャンネルからプロセッシング、ディテクション可能、

バンドごとにフレキシブルなサイドチェイン・コントロール

アップ/ダウン・コンプレッションとアップ/ダウン・エクスパンションが可能

精度の高いトランジェント・プロセッシングのためのオプションのオンセット・ディテクション

カスタマーレビュー

Sonnox Oxford Dynamic EQ

P. Allen

2017年8月10日

Dynamic EQ offloaded to DSP

Happy to have a dynamic EQ that doesn't eat up my computers processing power

すべてのレビューを見る