Privacy

プライバシー権について

1. Universal Audioとは?

Universal Audio, Inc.およびその子会社(以下、「UA 」という)は、オーディオ信号の処理を可能にするハードウェアおよびソフトウェア(以下、「システム 」という)を製造しています。当社は、販売代理店や小売店を通じて間接的に、また当社のウェブサイト(uaudio.com、uaudio.jp、uaudio.fr、uaudio.deなど)を通じてオンラインでこれらのシステムを販売しています。また、help.uaudio.comを通じてカスタマーサポートを提供しています。本プライバシーポリシーでは、当社のウェブサイトをそれぞれ「 UAドメイン」と呼び、これらを総称して「UAドメイン」と呼びます。

2. なぜこのプライバシーポリシーの確認を求められるのですか?

UAは、事業を行うにあたり、UAドメインを訪問する一般の方々や当社の顧客、従業員、請負業者など、特定の個人または世帯を識別する、あるいは識別するために使用できるデータを収集することがあります。2018年5月25日、欧州連合(以下「EU」)の居住者に関連するデータの収集と取り扱いを規制する新しい法律が発効されました。「一般データ保護規則」または「GDPR[1]と呼ばれるその法律は、「EU eプライバシー規則」[2]まとめて 「新EUプライバシー法」)と呼ばれる既存の法律の更新版とともに、 新しいEUプライバシー法が適用され、以前の法律よりも大幅に多くのデータに対する管理権限を与えています。管理上の便宜を図るため、UAは、新EUプライバシー法の下で与えられる保護を、居住地に関係なく、UAと取引を行うすべての個人に拡大することを決定しました。

EU新プライバシー法の制定以降、カリフォルニア州では、独自の独立したプライバシー法である「2018年カリフォルニア消費者プライバシー法」(以下「CCPA」)を制定し、2020年1月1日に施行されました。 本書(「 プライバシーポリシー 」)には、GDPRに準拠することを目的とした規定に加えて、CCPAに準拠したプライバシーポリシーとすることを目的とした規定が含まれています。お客様がカリフォルニア州の消費者または世帯で、CCPAに基づくお客様の権利について詳しくお知りになりたい場合は、カリフォルニア州民法第1798.100条から第1798.199条を参照してください。

3. 個人情報とは?

新EU個人情報保護法とCCPAは、非常によく似ていますが、同じ種類のデータを対象としているわけではありません。 また、対象となるデータを定義するための用語も若干異なっています。当社は、本プライバシーポリシーにおいて、新EUプライバシー法で使用されている用語、「 個人データ 」を借用しています。しかし、カリフォルニア州の消費者に起こりうるように、新EUプライバシー法とCCPAが矛盾する範囲では、代わりにCCPAが使用する用語---「 個人情報 」--が適用されます(より一般的には、新EUプライバシー法の規定とCCPAの規定が矛盾する範囲では、CCPAの規定が優先されるものとします)。

4. UAは、どのような目的で、どのような個人データを収集するのですか?

以下は、UAがお客様について収集する個人データのカテゴリーと、当該データの使用目的です。

(a) お客様が意図的に提供した個人データ。 UAドメインに入力された、またはその他の方法で提供された個人データを受け取り、保存します。当社は、お客様がUAドメインに入力し、またはその他の方法で当社に提供した個人データ(ここに記載されている情報を含みますが、これに限定されません)を受領し、保管します。また、当社は、お客様の個人データに対して、記録、整理、構造化、適応、変更または検索を含むがこれらに限定されない様々な操作(または「 解析」)を行います。 当社は、お客様からご提供いただいた個人データを、お客様のご要望にお応えするため、お客様のために将来のショッピング体験をカスタマイズするため、当社のウェブストアを改善するため、およびお客様と連絡を取るためなどの目的で使用します

(b) 当社が独自に収集する個人データ。 また、当社は、お客様が当社とやり取りする際に、ここに記載されている情報を含め、お客様が意図的に当社に提供しない特定の個人データを解析することがあります。場合によっては、これは「 Cookies 」の使用を伴います。Cookieは、UAドメインでのショッピングを容易にし、UAが提供するコンテンツを含む他のウェブサイトにおいてパーソナライズされた「リマーケティング」広告を可能にし、その他の機能を提供するために、当社のシステムがお客様のデバイスを認識できるように、当社がお客様のデバイスに転送する一意の識別子です。 場合によっては、お客様は当社によるCookieの使用を阻止する法的権利を有します。 Cookieを無効にする方法については、以下の第9条(b)(i)を参照してください。

(c) 他の情報源から受け取った個人データ。 当社は、他の情報源から入手した個人データも解析します。当社が受領する情報の例については、ここをクリックしてください。

5. UAは個人情報をどのくらいの期間保存していますか?

UAは、以下の第9条に基づくお客様の権利に従い、データを収集した目的を果たすために必要な期間を超えてお客様の個人データを保持しません。

6. UAは私の個人データを他の誰かと共有するのでしょうか?

UAがお客様の個人データを第三者に販売することはありません。ただし、UAは、以下に定める理由により、お客様の個人データの一部を第三者と共有することがあります。これらの第三者の中には、EU圏外に所在し、プロファイリングやその他の自動化された意思決定を行っているところもあります。「 プロファイリング 」とは、お客様の個人的な好み、興味、場所など、お客様の行動を分析、監視、予測するために個人データを使用することをいいますが、これらに限定されません。

(a) UAビジネスパートナー。 UAは、例えば、当社が技術のライセンスを供与する企業や、補完的な製品やサービスを販売する企業(それぞれ、「 UAビジネスパートナー 」と呼ぶ)など、多くの企業と密接に連携しています。場合によっては、UAビジネスパートナーは、UAドメインを通じてお客様に製品を販売することがあります。その他の場合、当社は、UAビジネスパートナーと共同でサービスを提供し、または製品ラインを販売することができます。このような取り決めの例については、こちらをクリックしてください。これらの場合、当社は、これらの取引に関連する個人データをUAビジネスパートナーと共有することがあります。

(b) UAサードパーティサービスプロバイダー。 UAは、当社のためにその役割を果たす他の企業および個人(それぞれを「UAサードパーティサービスプロバイダー 」と呼ぶ)に依頼します。これには、ここに記載されている種類のUAサードパーティサービスプロバイダーが含まれますが、これに限定されません。GDPRに基づき、UAは、UAサードパーティサービスプロバイダとして、(i)UAの文書化された指示に基づいてのみ行動し、(ii)個人データを解析するすべての人員に守秘義務を課し、(iii)解析する個人データのセキュリティを確保し、(iv)補佐解析者の指名に関する規則を遵守することを書面により保証したプロバイダーにのみ従事するものとします。(v) UAがお客様の権利を遵守することを支援するための措置を実施し、(vi) UAが適切な政府当局から承認を得ることを支援し、(vii) UAの選択により、関係の終了時に個人データを返却または破棄し(適用法で要求される場合を除く)、 (viii) GDPRに定める規則の遵守を示すために必要なすべての情報をUAに提供することです。

(c) 事業の譲渡 当社が事業を発展させ続けるにつれて、UAは他の企業または事業単位を購入する可能性があります。 UAがその資産の一部または全部を別の会社に売却する可能性もあります。このような取引では、一般の人々のWebの使用状況、顧客、従業員、請負業者に関する情報(個人データを含む)は、通常、譲渡される事業資産の1つです。 お客様の個人データがこの方法で転送された場合、そのようなデータは引き続きこのプライバシーポリシーの条件に準拠します。

(d) UAおよびその他の保護。 当社は、お客様のUAドメインの使用を規定する利用規約およびその他の契約の執行または適用、UA、当社のユーザーまたはその他の者の権利、財産または安全の保護、もしくは適用法の遵守のために、お客様の個人データを解析する場合があります。

7. 私は自分の個人データにアクセスする権利を持っていますか?

(a) どのようなデータにアクセスできますか? お客様がカリフォルニア州の消費者である場合、お客様はUAに対し、UAがお客様から収集する個人情報に関する一定の情報、およびUAが第三者と共有する個人情報に関する一定の情報の開示を請求する権利があります(12ヶ月間に2回を上限とします)。お客様が請求する権利を有する個人情報は、CCPAに列挙されています。さらに、お客様は、いつでも、お客様の個人データ(GDPRの意味における)が解析されているかどうか、解析されている場合はどこで解析されているかをUAに確認する権利を有します。 また、お客様は、UAから以下の情報を受け取る権利も有しています。

(i) 解析の目的;

(ii) 当該個人データのカテゴリー;

(iii) 個人データが開示された、または開示される予定の受信者または受信者のカテゴリ、特に第三国または国際機関の受信者;

(iv) 可能な場合は、個人データの保管の想定される期間、または不可能な場合は、その期間を決定するために使用される基準;

(v) UAに対して、個人情報の修正、消去、お客様に関する個人情報の解析の制限を要求する権利、またはそのような解析に意義を唱える権利の存在;

(vi) 該当する場合、監督官庁(GDPRに定義されている)に苦情を申し立てる権利;

(vii) 個人データがお客様から収集されたものではない場合、その出所に関する利用可能なあらゆる情報;

(viii) GDPR 第22条 1項および4項に言及されているプロファイリングを含む自動化された意思決定の存在、および少なくともその場合には、関係する論理、ならびにお客様にとっての当該解析の重要性および想定される結果に関する有意義な情報。

(b) そのデータを取得するために UA の誰に連絡すればよいですか? 前項で説明した情報を請求するには、UAのデータ保護責任者(“DPO ”)に書面または電子メールでその旨を通知してください。当社のDPOの連絡先は、以下の通りです:

データ保護責任者

Universal Audio, Inc.

4585 Scotts Valley Drive

Scotts Valley, CA 94303

privacy@uaudio.com

(c) データを入手するために費用が必要ですか? お客様は、データの電子コピーを1部、無料で受け取ることができます。 それ以降のコピーについては、UAは管理コストに基づく合理的な料金をお客様に請求することができます。

8. UAはどのような根拠で私の個人データを解析する権利を有していると主張しているのですか?

GDPRには、UAなどのデータ“管理者”がその法律の対象となる個人の個人データを合法的に解析できる6つの事例が記載されています:

(a) 本人は、1つまたは複数の特定の目的のために情報を解析することに同意しています;

(b) 本人が当事者となる契約を履行するため 、または契約を締結する前に本人の求めに応じて措置を講じるために解析が必要である場合;

(c) 管理者が従うべき法的義務を遵守するために解析が必要である;

(d) 本人または他の個人の重大な利益を保護するために解析が必要であること本人または他の個人の重大な利益を保護するために 解析が必要であること;

(e) 公益のために、 または事業者に与えられた公的な権限を行使するために、解析を行う必要がある場合;または

(f) 情報の保護を必要とする個人、 <l:style5> 特に対象が子供である場合 </l:style5> 、利益または 基本的権利 および自由によってそのような利益が無効にされない限り、管理者またはサードパーティが追求する正当な利益の目的のために <l:style1> 解析 </l:style1> が必要です。

本プライバシーポリシーに記載されているように、UAが収集および解析する個人データのカテゴリと、そのような個人データが使用される目的は(全体として)幅広いため、UAは法的なものとして「同意」に依存しています。 GDPRコンプライアンスの目的でそのような情報を収集および解析するための基礎。 ただし、特定のカテゴリ/用途に関しては、他の法的根拠が存在する可能性もあります。 これが真実である場合、UAは、必要または適切であると見なす代替基準に依存する権利を留保します。

9. UAが解析する個人データの種類を制限したり、その他の方法で管理するにはどうしたらよいですか?

(a) 本プライバシーポリシーに基づくお客様の権利 お客様がカリフォルニア州の消費者である場合、お客様は、CCPAに規定された限定的な状況を除き、UAに対してお客様の個人情報の削除を求める権利を有します。 また、EUの新プライバシー法に基づき、本プライバシーポリシーは  、お客様の個人データの制限またはその他の管理に関して、以下の権利をお客様に付与します(本プライバシーポリシーの他の箇所に記載されているアクセスの権利およびその他の権利に加え)。 いずれの場合も、お客様の権利を行使するには、上記第6条に定める連絡先を用いて、書面または電子メールでUAのDPOに当該要請を通知する必要があります。

(i) 修正の権利。 お客様は、UAに対し、お客様に関する不正確な情報を不当な遅滞なく修正させる権利を有します。

(ii) 忘れられる権利(「消去権」とも呼ばれる)

(A) お客様は、以下のいずれかの事由に該当する場合、UAに対し、お客様の個人データを不当に遅滞なく消去するよう求める権利を有します。

(1) 個人データが収集または解析された目的との関連で必要でなくなった場合:

(2) お客様は、解析に関する他の法的根拠がない場合は、以下のセクション8(a)(vi)に従い解析に対する同意を撤回するものとします;

(3) お客様は、以下の第8条(a)(iv)に従って解析に異議を唱え、解析に優先する正当な根拠がない場合;

(4) 個人データが違法に解析された場合;

(5) UAが準拠している欧州連合または加盟国の法律における法的義務に従うために、個人データの消去が要求される場合(該当する場合)、または

(6) 個人データは、GPDR第8条1項に言及される情報社会サービスの提供に関連して収集されたものです。

B UAが個人データを公開し、上記に従って個人データを消去する義務を負う場合、UAは、利用可能な技術および実施コストを考慮して、個人データを解析している第三者に対して、お客様が当該第三者から当該個人データへのリンク、またはそのコピーもしくは複製の消去を要求されていることを通知するための技術的措置を含む合理的な措置を講じるものとします。

C A項およびB項は、プロセシングが必要な範囲においては適用されないものとします:

1 表現および情報の自由の権利を行使するため;

2 UAが従うべき連合法または加盟国の法律により解析を要求される法的義務を遵守するため、または公共の利益のために、もしくはUAに帰属する公的権限の行使のために実施される業務の遂行のため;

3 GDPR第9条2項の(h)および(i)、第9条3項に基づく公衆衛生の分野における公益上の理由による場合;

(4) 消去の権利が当該解析の目的の達成を不可能にするか著しく損なう可能性がある限りにおいて、公益のためのアーカイブ目的、科学的もしくは歴史的研究目的、またはGDPR89条1項に基づく統計目的、または;

5 法的請求権の確立、行使または弁護のため。

(iii) 解析の制限を受ける権利 。お客様は、以下の1つ以上に該当する場合、解析を制限する権利を有します:

(A) 個人データの正確性をUAが確認できる期間、お客様から異議申し立てがあった場合;

(B) 解析が違法であり、お客様が個人データの消去に反対し、代わりに個人データの使用制限を要求する場合;

C お客様が解析の目的で個人データを必要としなくなったが、法的請求の確立、行使または弁護のために必要である場合;または

D お客様は、GDPR第21条1項に基づき、UAの正当な根拠がお客様を上回っているかどうかを検証するために、処理に異議を唱えることができます。

上記に従って処理が制限された場合、お客様の個人情報は、保存を除き、お客様の同意がある場合、法的請求権の確立、行使、弁護のため、他の個人または法人の権利保護のため、またはEUもしくは加盟国(該当する場合)の重要な公益上の理由のためにのみ処理されるものとします。

iv 自動化された意思決定に対する異議申し立ての権利。

A 一般規則 。個人データが上記第8条(f)に基づくUAまたは第三者の正当な利益を理由として処理される場合、お客様は、お客様の特定の状況に関連する個人データの処理に反対する権利を有します。 お客様が異議を唱える場合、UAは、UAの主張する説得力のある正当な目的がお客様の利益または基本的な権利および自由を上回ることを示す責任を負います。

B ダイレクトマーケティングのためのより強い規則 。個人データがダイレクトマーケティングの目的で処理される場合(プロファイリングまたはその他の自動意思決定プロセスの有無にかかわらず)、お客様は当該マーケティングのための個人データの処理に対していつでも異議を唱える権利を有します。 そして、お客様が異議を唱えた場合、そのような目的のために個人データが処理されることはありません。

v 自動化された意思決定。

A ルール 。下記(B)項に定める例外を除き、お客様は、お客様に対して法的(または類似の)効果をもたらす方法で、プロファイリングを含む自動処理のみに基づく決定の対象とならない権利を有します。

B) 例外 。決定がなされた場合には、前述の規定は適用されません。:

1 お客様とUAとの間の契約の締結または履行のために必要な場合;

(2) UAが適用され、ユーザーの権利と自由および正当な利益(該当する場合)を保護するための適切な措置を規定するEUまたは加盟国の法律によって承認されている;または

(3) 明確な同意に基づいています。

例外の根拠が上記(1)または(3)の場合、UAは、あなたの権利と自由と正当な利益を「保護するために適切な措置を講じなければならない」、「少なくともUAの側で人的介入を得る権利」、自分の意見を表明したり、決定に異議を唱えたりしなければなりません。

(vi) 同意を撤回する権利。 お客様はそのような要求をUAのDPOに書面で通知するか、上記のセクション6に記載されている連絡先を使用して電子メールで通知することで、理由の如何を問わず、いつでも同意を撤回する権利があります。前文に記載されているように、お客様が同意を撤回された場合、UAはお客様の個人データの解析を停止し、上記の第7条に記載されているように、お客様の情報を収集または解析するための他の法的根拠の1つ以上が適用されない限り、そのようなデータを削除しなければならないものとします。

(vii) データの可搬性 。 お客様は構造化され、一般的に使用され、機械で読み取り可能な形式で個人データを受け取る権利を持ち、そのデータをUAからの妨げなく第三者に送信する権利を持ちます:

(A) 上記第7条(a)に定める同意に基づく解析、または上記第7条(b)に定めるお客様のUAとの契約の履行に必要な解析、および

(B) 解析は自動化された手段で行われます。

(b) 個人情報を管理するためにできるその他の方法。

(i) Cookieを無効にする 。 ほとんどのブラウザーの“ヘルプ”機能では、新しいCookieを受け付けないようにする方法、新しいCookieを受け取ったときにブラウザーに通知する方法、またはクッキーを完全に無効にする方法を教えてくれます。また、Flash Cookieなどのブラウザアドオンで使用される類似のデータは、アドオンの設定を変更するか、メーカーのウェブサイトにアクセスすることで無効にしたり削除したりすることができます。

(ii) 顧客設定の変更 。コミュニケーションや広告の好みを調整したい場合は、適切な設定をこちら調整可能です 。

(iii) モバイル端末の位置情報サービスを無効にする 。ほとんどのモバイルデバイスでは、位置情報サービスをオフにすることができます。ほとんどの場合、これらのコントロールはデバイスの設定メニューにあります。デバイスの位置情報サービスを無効にする方法について質問がある場合は、モバイルサービスプロバイダーまたはデバイスの製造元に問い合わせることをお勧めします。

10. サードパーティの広告主およびUAドメインに表示されるサードパーティのWebサイトへのリンクは信頼できますか?

UAドメインには、第三者の広告と他のウェブサイトへのリンクが含まれています。上記およびGDPRとePrivacy Regulationに明記されている明示的な義務を除き、UAは第三者の広告の行為またはそのようなリンクを介したコンテンツへのアクセスについて一切の責任を負いません。

11. 子供はUAドメインを使用できますか?

18歳未満の場合は、親または保護者の関与がある場合にのみUAドメインを使用できます。

12. 使用条件、通知、および改訂。

UAドメインにアクセスすることを選択した場合、アクセスおよびプライバシーをめぐる紛争には、このプライバシーポリシーと、ここに記載されている当社の<l:style2>Webサイトの利用規約</l:style2>が適用されます。これには、損害の制限、紛争の解決、California州法の適用が含まれます。 (お客様がCalifornia州の消費者であり、矛盾するCalifornia州の法律がCCPAである場合を除き、新しいEUプライバシー法と明示的に矛盾する場合を除き、その場合、新しいEUプライバシー法が適用されます)。UAのプライバシーについて懸念がある場合は、詳細な説明を添えてDPOに連絡してください。解決に努めます。当社のビジネスは常に変化し、プライバシーポリシーも変化します。通知および条件を定期的にメールで通知する場合がありますが、最新の変更を確認するには、定期的にWebサイトを確認してください。特に明記されていない限り、現在のプライバシーポリシーは、お客様およびお客様のアカウントに関して保有するすべての情報に適用されます。しかし、当社は、当社が行う約束を支持し、影響を受けるお客様の同意なしに過去に収集されたお客様の情報の保護を弱くするために、当社のポリシーと実践を実質的に変更することは決してありません。

最終更新日 2020年1月1日


お客様が意図的に提供する個人情報

お客様がUAドメインやUA製品を使用する場合、またはお客様が従業員や契約者としてUAのために働く場合、お客様は意図的にご自身の情報をUAに提供することがあります。例えば、my.uaudioアカウントを作成したり、製品を検索したり、UAドメインまたは第三者の販売者を通じて注文をしたり、UA製品を登録したり、カスタマーサポートのために当社または第三者に連絡したり、アンケートやコンテストへの参加フォームに記入したり、当社ウェブサイト上のフォーラム、ディスカッションボード、ソーシャルメディアのコメントセクションに参加したり、製品レビューを提供したり、給与や福利厚生のためにサインアップしたりする場合、お客様はご自身に関する情報を当社に提供することになります。このような情報には、氏名、住所、郵便番号、居住国、使用しているDAWやコンピューターの種類、クレジットカードに関する情報、その他の機密性の高い情報が含まれる可能性があります。


当社が独自に収集する個人データ

このプライバシーポリシーで前述したように、当社は当社で収集したユーザーに関する特定の個人データを解析します。

当社が独自に解析する個人データの1つのカテゴリーは、1つ以上のUAドメインの使用に由来します。 例えば、お客様のコンピューターをインターネットに接続するために使用したIPアドレス、お客様のログイン、お客様の電子メールアドレス、お客様のパスワード、お客様のコンピューターとお客様の接続情報(ブラウザーの種類、バージョン、タイムゾーンの設定、言語設定、ブラウザーのプラグインの種類、オペレーティングシステム、プラットフォームなど)、お客様が検索した商品、お客様のウェブ履歴、クリックスルー履歴、お客様の購入履歴、お客様が当社の800番号に電話をかけた際に使用した電話番号などの情報を解析します。

当社が独自に解析する個人データのもう一つのカテゴリーは、お客様がUA製品をご利用になったことに由来しています。例えば、UAからライセンスを受けたソフトウェアは、予告なしにコンピュータをUAドメインに接続してしまう可能性があります:

(i) インストール時、起動時、およびその後定期的または断続的に、ソフトウェアの不正使用や不正使用を検出または防止するために、ソフトウェアのデモ期間の有効化やDSPの使用状況などを報告するために使用されます;

(ii) ソフトウェアの機能のエラーを報告するため;

(iii) それは:(a)コンピューターへのダウンロードおよびインストールに使用できるアップデートを確認し、(b)インストール試行の結果をUAに通知します;

(iv) UAがソフトウェアおよび/または他のUAの製品やサービスに関するコンテンツを配信できるようにするために;

(v) UAまたは当該第三者が提供するコンテンツやサービスへのアクセスを容易にするため;

(vi) ソフトウェアの非アクティブ化に伴い;また

(vii) 当社製品開発部門がソフトウェアを改善するために使用する使用情報。

当社が独自に解析する個人データの第三のカテゴリーは、技術的な要求や修理の要求を介して提供された情報に基づいています。これには、お客様が当社に連絡するために使用する電子メールアドレスまたは電話番号、およびご要望に応じてアカウント情報、お客様のコンピューターに関する情報、お客様がUAのソフトウェアおよび製品と一緒に使用しているソフトウェア、トラブルシューティングを支援するためのコンピューターの設定に関する情報、お客様の郵送先住所、および追加の電話番号が含まれています。

当社が独自に解析する個人データの第四のカテゴリーは、お客様のモバイルデバイスの使用から派生するものです。例えば、お客様がUAによって提供されたソフトウェアをダウンロードしたり使用したりするとき、当社は、お客様の位置情報とお客様のモバイルデバイスのためのユニークな識別子を含むお客様のモバイルデバイスに関する情報を受け取ることがあります。当社は、広告、検索結果、その他のパーソナライズされたコンテンツなど、位置情報に基づくサービスを提供するために、この情報を解析することがあります。

当社が独自に解析する個人データの第五のカテゴリーは、お客様との間の電子メール通信に由来するものです。例えば、電子メールをより便利で面白いものにするために、UAからの電子メールを開いたときの確認、電子メール内のどのアイテムをクリックしたかの情報、ウェブストアでの購入活動の結果に関する情報を、お使いのコンピューターと電子メールソフトがそのような機能をサポートしている場合には、受け取ることができます。また、お客様に不要なメッセージを送信しないようにするために、定期的に他社から受信したリストと顧客リストを比較しています。第三者からの個人データを使用する場合は、第三者が当社に個人データを転送することにお客様が事前に同意されている場合に限り、そのようなデータを使用することを当社の方針としています。

上記の個人データを収集する際には、cookieやflash cookie(Flash Local Shared Objectsとも呼ばれる)などのブラウザーデータを使用することがあります。また、当社は、ページの応答時間、ダウンロードエラー、特定のページへの訪問時間、ページのインタラクション情報(スクロール、クリック、マウスオーバーなど)、ページから離れる際の閲覧方法などのセッション情報を測定し、収集するためにソフトウェアツールを使用することがあります。


他のソースからの情報

当社が他の情報源から受け取る個人データの例としては、当社が記録を修正し、お客様の次回の購入やコミュニケーションをより簡単にお届けするために使用する、当社の運送業者やその他の第三者からの更新された配送先情報や住所情報、当社が共同ブランドビジネスを運営している、または当社がフルフィルメント、広告、またはその他のサービスを受けている一部の加盟店からのアカウント情報、購入または換金情報、およびページビュー情報などがあります。一部の検索からの検索語および検索結果情報、有料のリスト(スポンサーリンクなど)を含む検索結果およびリンク、当社が不正行為の防止および検出を支援し、一部のお客様に特定のクレジットまたは金融サービスを提供するために使用する信用情報局からの信用履歴情報、および経歴やその他の雇用関連情報。


UAビジネスパートナー

当社がお客様の個人データを共有する可能性のあるUAのビジネスパートナーの例としては、当社が当社のシステムに統合するソフトウェアをライセンスする技術パートナー、当社が当社のシステムのために開発する個々のソフトウェアタイトル(または「プラグイン」)をブランド化するために使用する商標をライセンスするパートナー、および自らが当社のシステムのためにプラグインを開発するパートナーが含まれます。


UAサードパーティサービスプロバイダー

UAサードパーティサービスプロバイダーの例としては、給与や福利厚生の管理、注文の処理、荷物の配送、郵便物や電子メールの送信、顧客リストからの反復的な情報の削除、データの分析、マーケティング支援の提供、オンライン広告の提供、検索結果やリンク(有料のリストやリンクを含む)の提供、クレジットカードでの支払いの解析、顧客サービスの提供などを支援してくれる企業が挙げられます。これらのUAサードパーティサービスプロバイダーの中には、プロファイリングや他の種類の自動化された意思決定技術を使用しているものもあります。

プロファイリングや他の種類の自動意思決定技術が使用されるより一般的な目的の一つは、当社のために興味に基づいた広告を生成することです。興味に基づいた広告は、パーソナライズされた広告やターゲット広告とも呼ばれ、当社のサイトでの購入、UAのコンテンツや広告を含むサイトへの訪問、UAのツールとのやりとりなどの活動から得た情報に基づいて、お客様に表示されます。

当社は、広告主や当社の興味に基づいた広告を表示する第三者のサイトに個人データを提供することはありませんが、広告主やその他の第三者(広告ネットワーク、広告配信会社、およびそれらが使用する可能性のあるその他のサービスプロバイダを含む)は、当社のサイトに表示される広告をお客様のブラウザーに直接配信するための技術を使用しています。そうすることで、一般的にIPアドレスを自動的に受信し、パーソナライズされた広告やコンテンツと対話したりクリックしたりしたユーザーは、広告やコンテンツが向けられているグループの一部であると仮定することがあります(例えば、クラシック音楽を購入したり閲覧したりした太平洋岸北西部のユーザーなど)。また、広告主は、広告の効果を測定したり、広告内容をパーソナライズしたりするためにcookieを使用することがあります。UAは、本ポリシーの第6.b項に記載されている「保証」を提供する広告主(およびお客様の個人データを解析する他の第三者)との契約を締結する義務がありますが、当社は、広告主や第三者のサイトが使用する可能性のあるcookieやその他の機能への物理的なアクセスやコントロールを行うことはできません。


カスタマー設定

(a) 広告の設定

UAは、当社からの興味に基づいた広告の受信についての選択肢を提供しています。UAからの関心に基づいた広告を受信しないように選択することができます。この設定方法については、適切なサードパーティの広告プロバイダーを参照してください。

また、Network Advertising Initiativeのメンバーであるか、Digital Advertising Allianceのオンライン行動広告のための自己規制原則に従っているサードパーティの広告主や広告ネットワークからのパーソナライズされた広告の受信を一般的に受信しないようにするには、NAIのウェブサイトとDAAのウェブサイトのオプトアウトページにアクセスしてください。

(b) コミュニケーションの設定 こちらをクリックするか、受信したメールの下部にある配信停止のリンクをクリックして、通信設定を変更することができます。



[1] GDPRの正式名称は、「欧州議会および理事会の規則(EU)2016/679)(2016年4月27日付): 個人データの処理に関する個人の保護及び当該データの自由な移動に関するものであり、指令95/465/ECを廃止するもの」です。 2018年5月25日に発効されました。

[2] eプライバシー規制の正式名称は、「電子通信および廃止指令2002/58 / EC(プライバシーおよび電子通信に関する規制)における私生活の尊重および個人データの保護に関する欧州議会および理事会の規制」です。