Universal Audioについて

Universal Audioについて

50年以上にも渡る経験を持つオーディオレコーディングのパイオニア

1958年にBill Putnam Sr.によって設立されたUniversal Audioは、創業以来革新的なレコーディング・プロダクトの代名詞となっています。Frank Sinatra、Nat King Cole、Ray Charlesなどのお気に入りのエンジニア、Bill Putnam Sr.は、現代のレコーディングの父として広く知られている情熱的なイノベーターでした。 ― 彼の伝説的なスタジオや機材のデザインの多くは今日でも使用されています。

具体的には、モダンなレコーディング・コンソール、マルチバンド・オーディオイコライザー、ボーカルブースの発明者であり、商用レコーディングに人口のリバーブを使用した最初のエンジニアでした。彼の友人であるLes Paulと並んで、Putnamはまた、ステレオ・レコーディングの初期開発にも関わっていました。

生まれながらの起業家であるPutnamは、彼の長年のキャリアの間に、Universal Audio、Studio Electronics、UREIという3つのオーディオプロダクトを製作する会社を設立しました。3社はすべて発売後数十年に渡って広く使用されている機材を開発しました。これには、LA-2A や1176 compressors、そして610tube recording consoleなどがあります。特に610 consoleは、SinatraからBeach Boys、Van Halenなどの名だたるアーティストのデビュー作をレコーディングするために使用され、オーディオの歴史でもっとも愛されたデザインの1つとなっています。

1999年に再設立

Universal Audioは、199年にBillの2人の息子、James PutnamとBill Putnam Jr.によって2つの主な目標を持って再創立されました。;クラシックなアナログ・レコーディング機器を父親の伝統に忠実に再現すること、そして、ビンテージのアナログ・テクノロジーのスピリットを持った新しいデジタルレコーディング・ツールを設計することです。そのためにUniversal Audioは世界でもっとも優秀なDSPエンジニアとモデリング・オーソリティにより、数々の賞を受賞したUADパワードプラグイン・プラットフォームを開発しています。業界でもっとも本格的なアナログエミュレーション・プラグインを搭載したDSPの先駆者は、正確な回路図、ゴールデンユニット、経験豊富な耳を駆使して、オリジナルのハードウェア・メーカーを協力してUADプラグインのあらゆる場所にアナログのような暖かさやハーモニクスを加えます。

賞を獲得したApolloオーディオインターフェイスよりも当社のアナログの財産と画期的なデジタルデザインの融合をより良く表現できているものはありません。2012年に発売されたApolloは、プロの音楽制作の新しい世界基準となり、Kendrick Lamar、Coldplay、Dr. Dre、Brad Paisleyなど、多くのアーティストによる画期的なアルバムをレコーディングするために使用されています。

Los Angeles、Colorado、Amsterdamに165人の従業員とオフィスをもるUniversal Audioは、California州のSilicon Valley近くのScotts Valleyに本社を構えています。クラシックなアナログギアは、1ユニットずつハンドメイドで製作されています。

ソフトウェアやハードウェアのすべてのUniversal Audioプロダクトは、何十年もの革新的な財産、最高のクオリティ、そして技術的な情熱によって支えられています。