Helios® Type 69 Preamp and EQ Collection

Helios® Type 69 Preamp and EQ Collection

Unison Enabled

通常価格: $299.00

$149.00

You'll Save 50%

ショッピングカートに商品がありません。

通常価格: $299.00

$149.00

You'll Save 50%

ショッピングカートに商品がありません。

Unison™ テクノロジーに対応するよう完全に再設計されたHelios Type 69.

London のOlympic、MunichのMusicland、そしてRolling Stonesのモバイルスタジオに設置されていたHelios Type 69コンソールは、ロックの“ゴールデンエイジ”ともいえる数百もの有名なアルバムで使用されていました。Led Zeppelin、Beatles、Jimi Hendrix、Pink FloydからBob Marley and the Wailers、David Bowie、Black Sabbath、AC/DCに至るまで、Type 69のファットで間違いないサウンド、そしてパンチのあるミッドレンジ、独特な響きを必要としていました。

UAD-2ハードウェアとUAオーディオインターフェイス専用の新しくなったHelios Type 69 Preamp and EQプラグインは、UAオリジナルのHelios Type 69プラグインをはるかに超える珍しいハードウエアの回路を隅から隅まで徹底的にエミュレーションしています。

Now You Can:

Helios Type 69ビンテージ・アナログチャンネルの素晴らしいエミュレーションを使用してトラッキング&ミックス

Unison™ テクノロジーを搭載し、オリジナルハードウェアのLustraphoneトランス・ベースのマイクプリアンプのキャラクターをフルに使用可能

カラフルなインダクターベースの3バンドEQでソースをスカルプティング

ギター、ボーカルなどを伝説のType 69が持つ攻撃的なミッドレンジを使用して音色作りが可能

独特なボイシングの低域ブースト/カットによりローエンドのキャラクターを調整

J.J. Blair(Johnny Cash、George Benson)、Chris Coady(Yeah Yeah Yeahs、TV on the Radio)Jacquire King(Kings of Leon、Tom Waits)等が作成したアーティストプリセットを使用してミックス

Take a Listen

Take a Listen
DAWをクラシックなHelios Type 69コンソールに変身させる

DAWをクラシックなHelios Type 69コンソールに変身させる

新しいHelios Type 69プラグインの製作にあたって、UAのエンジニアチームは、2台のオリジナルのType 69 Olympic期の“ゴールデンユニット”を深く掘り下げ、独特なフィードバックスタイルの70 dB入力セクションやLustraphoneマイクインプットトランスを忠実にモデリングしました。この詳細なサーキットのキャプチャーは、UADプラットフォーム上で唯一の“トリプルアンプ”プリアンプであり、ソースを活かしきるカラフルな質感を提供します。

UAインターフェイスのためのUnison™ テクノロジー

UAインターフェイスのためのUnison™ テクノロジー

UAの画期的なUnisonテクノロジーを駆使したHelios Type 69プラグインは、ハードウェアのライン/マイクプリアンプが持つインピーダンス、ゲインステージの“スウィートスポット”、そして正確な回路の動作を提供しています。プラグインをConsoleアプリケーションのUnisonプリアンプスロットにインサートするだけで正確なHelios Type 69モデルのプリアンプを使用してリアルタイムにトラッキング可能です。

パッシブ、アグレッシブEQ

パッシブ、アグレッシブEQ

新しいHelios Type 69は、オリジナルのハードウェアの有名なパッシブ3バンドEQを一新しました。初めて使う時でも、Helios Type 69プラグインは過激なEQの動きをキープするリッチサウンドインダクターのサチュレーションをエミュレートし、極端な設定をしても音楽的なサウンドを提供します。

ローエンドの理論

ローエンドの理論

4基の独特の低域のベル型ブーストフィルターを使用し、Helios Type 69 Preamp and EQ Collectionは、ロック、ポップス、レゲェのレコーディングでハードウェアと同様のソリッドでワイドな低域を提供します。ベースバンドをステップゲイン・コントロール付きの固定50 Hzローカットモードに切り替えると、オーバーヘッドやルームマイクなどのソースをクリーンにすることができます。

UADハードウェアを使用してタフなType 69サウンドを手に入れる

UADハードウェアを使用してタフなType 69サウンドを手に入れる

もちろん、Helios Type 69 Preamp and EQ Collectionは、UAオーディオインターフェイスのオーナーだけのものではありません。UADハードウェアのオーナーは、ボックスの外に出すことなく、あらゆるミックスで大胆で強烈なサウンドを作るためにこのコレクションを使用することができます。Helios Type 69の完璧なコンソールチャンネルのエミュレーションと、付属のDSP-lite Helios Type 69 Legacyプラグインを使用して今までに作られた多くのレコード同じ太く個性的なフレーバーをプロジェクトに与えることができます。

Key Features

オリジナルのHelios "Olympic"世代のType 69チャンネルデザインの完璧なエミュレーション

Lustraphoneマイク入力トランスとカラフルなパッシブインダクター・ベースのEQ

Unisonテクノロジーに対応したマイク、ライン、Hi-Z入力を備えたフィードバックスタイルの70 dBプリアンプ

DSPの消費を抑えるハイシェルフ、パラメトリックミッド、ベースピーク/シェルフEQのバイパス

DSP負荷の軽いHelios Type 69 Legacy EQプイラグインが付属

UAの正規販売店から購入したUAD DSP アクセラレーター、またはUAオーディオインターフェイスが必要

レビュー

Helios® Type 69 Preamp and EQ Collection

T. Delannay

2020年10月15日

Pro UAD

Top produit, Merci UAD.

b. bensoy

2020年10月8日

One of the best emulations of Universal audio

I think the distortion character is very very good on this one and all other things. I didnt use the real unit but this sounds very authentic for sure and signal changer.

D. Poznaks

2020年10月3日

Warm

Amazing!!!

P. NONCENT

2020年9月17日

Violent

Ce preampli est monstrueux ! Il a redonné vie à un Rode NT 1000 et sculté le son d’un tlm 170. Pour des prises de voix ça dégage, je le trouve ALLUCINANT !!!

I. Goldsmith

2020年9月14日

Great for vocals

Puts vocals right where I want them with great tone.

J. López Uribe

2020年9月14日

Rock and Roll

The best colour for any electric guitar; it just adds awesome tones

M. Bilderbach

2020年9月11日

Punchy, aggressive, and warm tones!

When i got this pre i tried it on my kick and snare just to see how it would sound and man was I not disappointed. I was using another brand's version of the Helios and even a 1073 style plugin (separately) and what this did was married what i was trying to achieve with both of the other plugins in way less time. Its less excited sounding than a 1073 to my ears and it totally worked for adding nice round bottom end to my kick and focusing my snare without adding too much sizzle.

E. Grebeznieks

2020年9月10日

Love!

It was love from the first time I tried it on vocals

R. Metelkin

2020年8月31日

Helios

I love the texture, the middle, and the punch.

M. Samel

2020年8月26日

So colorful!

Weird & fun, very straightforward and inviting experimentation.

M. Pribble

2020年8月24日

Nice on guitars.

hits that mid range sweet spot and can add crunch if ya want.

M. Malinski

2020年8月23日

For serious Rock tone

This one is for serious guitar sound, as well for drums.
I always use it when I mixing rock

E. Koch

2020年8月22日

i think just fix the "-dB 50"

and fixing that ^ should create enough room to spread the sections, by a mostly imperceptible amount, but enough to subliminally define the sections from one annother.

E. Koch

2020年8月22日

if anything, minimal GUI tweaks..

sometimes just the most minute positional shift of graphic, or parameter control, can make something click in someone's mind where otherwise they would be floundering in a bath of uncertainties..

if UA could strike a balance between new Type 69 user intelligibility, and veteran aesthetic appreciation, i think that would be best...
but i do think graphical improvements are in line..

E. Koch

2020年8月22日

Oh...i know what it was !!!

the the reason the Mid bad was " Very" confusing, was the ill-definition between the EQ sections...that's what it was....beyond that, it would have been only slightly confusing i think..

E. Koch

2020年8月22日

i want to explain this while it's still fresh in my mind..

because it is like that....
once you understand it, it's not that bad....
but but before you understand it you looking at it immobilized...like i can't even turn knobs because i have no idea what i am doing..

starting with the bass, because that the worst....
1 ) the top is a bell boost / the bottom is a shelving cut
2) the top gradients are in Hz / the bottom gradients are in dB
3 ) that "50" = Knee Frequency

now the 10Khz shelf only needs something to show it is a shelving filter...and maybe that's ok how it is....but the descriptors are too close to the gain section

the mid was very confusing...
and i can't explain why now.....i don't know what happened there..

E. Koch

2020年8月22日

additional thoughts

once you understand the Type 69, you realize it is something that is difficult to convey with a silkscreen....ok....with that said, i personally don't think it would be a crime if UA did some tweaks to the original silkscreen, ( eg. move the -dB closer to the end of the bass sheving cut gradient, and move the 50 to the right side and give it an HZ )..( and Hz left of the 400...+ at Hz bell ??? ... maybe some light lines to separate the sections?, or at least one to help set the 10Khz apart from the gain.....once you understand it, it really doesn't seem that bad anymore ...weird.

E. Koch

2020年8月22日

worth studying the manual.

50"Hz shelfing" not -db...oh my gosh, the original silkscreen is torturous..
but yeah...once you understand it, it mostly makes sense..
it's a premium classic channel strip, with a luxurious character sound, but it needs a lot of DSP... too much DSP for involved signal chains, but worth studying the manual; and leaning what it can do for a source so you know when to go with it...
it would help, if when the 10Khz shelving filter was set to 0dB, it was removed from the DSP load... the mid band is sort of the star of the EQ section...but the pre also has useful character by itself, if you have to switch out the EQ to run the Preamp DSP load..

E. Koch

2020年8月22日

Scratch that last review

it uses Allot of DSP

E. Koch

2020年8月22日

i am into this pup now

the DSP on this is really a lite load for what it lends....it's certainly worth going over manual, just to lean an EQ in this case...it's getting the front end unison spot on my guitars balanced XLR out.