Apollo X テクニカルトーク

Apollo X テクニカルトーク

Universal AudioのシニアプロダクトマネージャーGannon Kashiwaが最新世代のApolloオーディオインターフェイスの主な機能、仕様、開発の背景について詳しく説明しています。Apollo Xインターフェイスが音楽や映画業界の両方でプロのエンジニア、プロデューサー、ミュージシャンにとって明確な選択肢と成り得る明確な選択肢となる最先端の技術を学ぶ。

Apollo Xの新しいエリートクラスA/D&D/Aコンバーター、オンボードUADパワーを50%アップさせたHEXA DSP、超低ジッターのデュアル・クリスタルクロッキングなど、以前の世代よりも進化したApollo Xについて詳しく見てみましょう。

Apollo Xには、プロフェッショナルなミキシングコンソールやその他のハイエンドプロオーディオ機材との互換性を持つために切り替え可能な+ 24dBuヘッドルームコントロール、フロントパネル・トークバックマイク、最大7.1サラウンド・サウンドモニタリングなど、オーディオ業界のプロのニーズに応える多くの新機能を含んでいます。

また、Thunderbolt 3に対応しており、Thunderbolt搭載のApollo Twin、またはApolloラックマウント・オーディオインターフェイスのユーザーは、最大4台のApolloと6台のUAD-2デバイスを組み合わせることができ、スタジオの拡張に合わせて高速、高帯域幅の I/OやDSPを追加することができます。

— Ben Lindell