カートの内容 カー トを見る

  • 合計: $0.00
  • アイテム数: 0
チェッ クアウト

レビュー 27 レビュー

4.7 5つ星中

by M. Cibien (2/9/2017):

Another gem in the UAD/Softube collection. Warmer and darker than any another Marshall,… Read more

21 レビュー
5 レビュー
0 レビュー
1 レビュー
0 レビュー
概要
Marshall® Bluesbreaker 1962 プラグイン
ブルース/ロックギターのサウンドを決定づけた象徴的コンボアンプ

ジョン・メイオール率いるブルース・ブレーカーズ・ウィズ・エリック・クラプトンによる1966年のアルバムで展開されるサウンド、ブルース・ブレーカーズのクリアなロック・ギター・サウンドは、音楽界の歴史を塗り替えました。クラプトンのアグレッシブなアプローチと歌だけでなく、Marshall アンプ・サウンドを最大音量で鳴らす豊かなサウンドを、世界は初めて体験することになったのです。

Softube社開発-UAD-2ハードウェア/Apolloオーディオ・インターフェイス専用のMarshall Bluesbreaker 1962 プラグインは、伝説のセッションで使用された 2x12 Combo のエミュレーションです。唯一無二のブリティッシュ・クラシック・エミュレーションに留まらず、スタジオ環境におけるパワフルなマルチ・マイキング・サウンド、完璧なアンプ・トーンに簡単にアクセスできるようになります。



利点:
  • Apollo Unison™ 技術の恩恵により、本物のMarshall Bluesbreaker 1962を使った録音が買って直ぐにできる
  • UAD-2ハードウェアを使って、録音済みのトラックをリアンプ
  • FET、チューブ、ダイナミック…3種類の異なるマイク・セットアップで、完璧なスタジオ・アンプ・トーンにイージーアクセス
  • 伝説のAC/DCエンジニア、トニー・プラット氏に制作による50個のプリセット付属
Marshall Bluesbreaker
Marshall Bluesbreaker Front
唯一無二!本物の Bluesbreaker エミュレーション
伝説のBluesbreaker のモデリングに当たり、Marshall は、Softube社の開発チームにオリジナルのSeries 1 1962 Combo を貸し出してくれました。この個体は、歴史的なブルースブレーカーズのセッションに用いられたものです。その価値30,000ドル以上。Softube社の開発チームは、アンプのアルニコ・スピーカーからトレモロ回路、デュアルKT66 電源セクションを完璧にエミュレートしました。
クラシックな Marshall トーン
オープンタイプのバックキャビネット、ハイパワー・チューブ・トーンへのイージー・アクセスなど、Bluesbreaker プラグインは単に「クラプトンっぽい」サウンドに留まらず、さらに高みを目指します。抜けるようなクリーン・トーン、壊れる寸前までレベルを突っ込んだ重厚なサウンド・テクスチャーまで、Bluesbreaker のエッジはポップやカントリーミュージックでも威力を発揮します。
Marshall Tones

Tony Platt
生きた伝説によるサウンド設計
プロデューサー/エンジニアのトニー・プラット氏は、典型的な Marshall サウンドを最も数多くテープに記録した男だと言えるでしょう。特に有名なのは、AC/DCの代表的なアルバム"Highway to Hell"、および"Back in Black"です。Softube社の開発クルーは、プラット氏と試行錯誤を繰り返し、数多のマイクセッティングやキャビネット設定を見事にキャプチャーしました。プラグインのユーザーは、プラット氏自らが制作した50個に及ぶプリセットから選択するか、ユーザー独自のトーンを作成できます。
3 系統のプロフェッショナルなマイキング設定を使ったミックス
プラグインのChannel Stripセクションを開くと、Panninng、グローバルHigh/Low EQ、Level コントロールなど、個々のマイク設定にアクセスできます。実際の録音やミックスダウン時に、ここから微細な調整を行うことができます。音楽のジャンルやギターの種類などにとらわれることなく、ピンポイントの単一マイキング・サウンドから豊かなルーム・アンビエンスまで種々の調整可能なオプションを利用できます。
3 Microphone Options
With Unison Technology
Unison™ テクノロジーを使った本物のBluesbreaker サウンド
ギターのピックアップからアンプのフロントパネルまでのレスポンスは、アンプ自体のサウンドや感触をキャプチャーする際の決定的な要因となります。UAのUnison™ Technologyの恩恵により、Apolloユーザーのギター・ピックアップからビンテージもののMarshall Bluesbreakerに接続した状態と同等のインピーダンス値を再現できます-この機能は、Apollo オーディオ・インターフェイスでのみ利用可能です。



$199.00

ここに含まれるアーティスト名は、Universal Audio 、またはその製品の正式な推薦をするものではありません。


FAQ
Marshall Bluesbreaker 1962 プラグイン
基本操作と FAQ.
ApolloハードウェアのUnison™テクノロジーを使って、Marshall Bluesbreakerをコントロールする方法は?

まず、Marshall プラグインをApollo Console アプリケーションのUnison専用Hi-Zチャンネルにインサートします。Apollo プリアンプのノブを押すと、Apollo のプリアンプ部入力を切り替えることができます。Hi-Z チャンネルを選択してください。Apolloのエンコーダーのリング部分がオレンジ色に点灯すると、当該チャンネルのUnison機能が有効になっていることを表します。

次に、チャンネル番号が点滅するまでApolloプリアンプのノブを押し続けます。これで、Marshall アンプのゲイン(オレンジ色)コントロールが可能になります。ノブをもう一度押すと、ゲイン・コントロール(黄色)を切り替えられます。色付けの少ないクリーンな出力ゲイン・コントロールに切り替える場合は(緑色)、ノブを再度押すと、最初のゲイン・コントロール(オレンジ色)に戻ります。

エミュレーションされたMarshall Bluesbreaker 1962の独自のキャラクターは、どのようなものでしょうか?

全体的なアンプ回路は、個々の部品レベルで完璧にモデリングされています。チューブ、トランス、コンデンサ等も個別にモデリングされ、プラグイン内で組み立てられているような状態になります。Softube社は、パッチコードを使って、4個の入力を"ジャンプ"接続させる手法までエミュレートしています。さらにオープンバックの 2x12 キャビネット自体が、Bluesbreaker エミュレーションにおける大きなコンポーネントであって、Marshall アンプが他の追随を許さないアンプである所以です。

キャビネットのモデリングの際、使用されたマイクは?

トニー・プラット氏は、"Dynamic"設定において隣接用としてShure SM57、Beyerdynamic M 380 を、ルーム用として Coles 4038 リボンマイク、および Telefunken ELA M251を使用しています。"FET"設定では、隣接用、ルーム用としてTelefunken ELA M251、SE Electronics Voodooリボンマイクを使用。最後に"Valve"設定では、 隣接用として複数のNeumann U67を、ルーム用としてルーム用として Coles 4038 リボンマイク、および Telefunken ELA M251を使用しています。

$199.00

レビュー

レビュー

  • Jacknife Lee

    (R.E.M, The Cars, Snow Patrol)

    The Marshall Bluesbreaker 1962 plug-in is beautifully designed, easy to use, and sounds great. Having a classic guitar amp in my arsenal is awesome, and the channel jumping feature is a great touch.

    Mark Needham

    (The Killers, Neon Trees, P!nk)

    “The Marshall Bluesbreaker 1962 plug-in is adding a really nice warmth to my electric guitar tracks”

ユーザーの評価

  • 1 Star
  • 2 Star
  • 3 Star
  • 4 Star
  • 5 Star
平均評価 (27 レビュー)
    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    Caution...hot!
    by M. Cibien(Thursday 9 February, 2017)

    Another gem in the UAD/Softube collection. Warmer and darker than any another Marshall, but super-dynamic and with tons of character. You can really get some beautiful Beano-like clean/crunch sounds controlling the saturation with your pick. It is probably the most “specific” plug-in of the… ǶÁÂȪむ

    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    Incredible!
    by a. Cox(Tuesday 6 December, 2016)

    just so you know, Im not a guitarist but I recognise a good sounding virtual amp when I hear one. I've gone back to some tracks, which some live guitar was played on, and the transformation the Bluesbreaker delivered, was incredible. It brought body, and a richness I would have found hard… ǶÁÂȪむ

    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    Love it!
    by K. Gorski(Monday 21 November, 2016)

    We've been doing a few recordings with it and everyone is really liking it. Being able to use it as a monitoring solution while keeping your options open for the final mix is very useful. ǶÁÂȪむ

    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    Best Modeled Amp I've Used
    by . (Friday 18 November, 2016)

    This feels the closest to a real amp of any sim I've tried yet. I even used it live a few days ago in place of an amp, and you couldn't tell in the house. Usually I feel the lack of connectivity between the guitar and a digital in, but whatever UA did with the unison preamps makes a big… ǶÁÂȪむ

    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    Oh mama.....
    by D. Shacallis(Tuesday 8 November, 2016)

    Love this as much as JMP plug in. As a confirmed JMP and bluesbreaker veteran of 40yrs I never thought I would say this but I never thought I would use a digital version of my own plexi Marshall. So much easier and sounds just right Goldilocks..... ǶÁÂȪむ

$199.00

機能とスペック
Marshall Bluesbreaker 1962 プラグイン
特徴、および機能詳細
主な機能
  • 1965年製作のトレモロ機能付きMarshall ビンテージ・リファレンスBluesbreaker 1962コンボ・アンプの忠実なエミュレーション
  • トニー・プラット氏厳選のマイク、およびマイクセッティング、ロンドンにあるStrongroom Studioにて収録
  • トニー・プラット氏、およびMarshall製品専門家クリス・ジョージ氏作成のカスタム・プリセット
  • Valve, FET, Dynamic :3系統のマイク・セッティングから選択可能
  • セッティング毎に選択可能な4種類のセパレートマイク— 2系統の隣接マイク、2系統のルームマイク
  • マイク毎にパンニング、ボリューム・フェーダー装備のチャンネル・ストリップ
  • Unisonテクノロジーによる入力インピ―ダンス切り替え、およびゲインステージ調整機能
UADインスタンス・チャートを見る
パラメーター

アンプ・コントロール

  • Power switch:  Off / On
  • Presence knob: 0 ~ 10
  • Bass knob: 0 ~ 10
  • Middle knob: 0 ~ 10
  • Treble knob: 0 ~ 10
  • Loudness 1/High Treble knob: 0 ~ 10
  • Loudness 2/Normal knob: 0 ~ 10
  • ギター入力として選択するには、4つの入力の一つをクリックします。パッチング・オプションを切り替えるには、何度かクリックしてください。
  • Tremolo Speed knob: 0 ~ 10
  • Tremolo Intensity knob: 0 ~ 10

チャンネルストリップ

  • Cabinet Microphone Select: Dynamic, FET, Valve, Off
  • Main Out Volume: -∞ ~ +12 dB
  • Mic 1 Pan knob: L ~ R
  • Mic 1 In button: Off / On
  • Mic 1 volume fader: -∞ ~ +12 dB
  • Mic 2 Pan knob: L ~ R
  • Mic 2 In button: Off / On
  • Mic 2 volume fader: -∞ ~ +12 dB
  • Room Mic 1 Pan knob: L ~ R
  • Room Mic 1 In button: Off / On
  • Room Mic 1 volume fader: -∞ ~ +12 dB
  • Room Mic 2 Pan knob: L ~ R
  • Room Mic 2 In button: Off / On
  • Room Mic 2 volume fader: -∞ ~ +12 dB
$199.00

マニュアル

Marshall Bluesbreaker Manual

 Hardware & Software Manuals
$199.00