カートの内容 カー トを見る

  • 合計: $0.00
  • アイテム数: 0
チェッ クアウト

レビュー 83 レビュー

4.95 5つ星中

by C. Anderson (3/24/2017):

I am using this one for about four different bass players now. Using them in unison.… Read more

79 レビュー
4 レビュー
0 レビュー
0 レビュー
0 レビュー
概要
Ampeg® SVT-VR Bass Amplifier プラグイン
オリジナルのハイパワー、オールチューブのベース・モンスターをUAD-2 と Apollo でのみ使用可能

伝説的なSVT ベースアンプを作成するために Ampeg が求めたミッション“世界が今までに見てきた最大で、もっともやっかいなベースアンプ”を達成しました。 SVT のジャンルを問わず使用できる比類なきパワーとトーンを持っています。

Brainworx, によって開発された Ampeg SVT-VR Bass Amplifier プラグインは、クラシックな300ワット・オールチューブのモンスターとそれと同様に評価された8x10キャビネットの正確なエミュレーションは、 UAD-2 ハードウェアとApollo インターフェイスでのみ使用可能です。



新機能:
  • SVT ベースアンプのたくましく紛れも無いチューブアンプのトーンによりトラッキングとリアンプ
  • ノイズゲート、フィルター・コントロールを含むオンボード FXラックでサウンドをファインチューン、そしてホーンをオン/オフ
  • SVT のクラシックな8x10 キャビネットのパワーを最大限に活用
  • マイク、キャビネットの種類、アウトボード・ギアを使用した23種類のハイエンド・レコーディングチェインからオーディション


ハイパワーの歴史
1969年に導入された Ampeg SVT (Super Valve Technology)は、ハイパワー・チューブのベースサウンドのキングに君臨しています。6本の6550パワー管とバックブレーキング・キャビネットを搭載し、SVT は雷のようなローエンド、強烈なミッド、そして音楽的なハイエンドを持ち、アリーナクラスで演奏するプレーヤーの欲求を満たしました。Bootsy Collins から Tony Levin、Chris Squire から Robert Trujilloなど何百、何千ものベーシストがSVT のもたらす巨大で間違いなく頑丈なベースサウンドを求めています。
分厚いトーン
Ampeg SVT-VR Bass Amplifier プラグインは、DAW に荒れ狂う野獣のようなパワーと、パンチの効いたベースサウンドを直接インプットすることができます。Apollo インターフェイスと SVT を使用してトラッキング、またはお好みの UAD-2 ハードウェアと使って既存のベース・トラックにリアンプすることができ、SVT-VR プラグインは、多くのジャンルに無数のトーンを提供することができます。
SVT FX ラック
Ampeg SVT-VR プラグインは、ベースをトラッキングする時にその汎用性に大きな追加機能を提供します。FX ラックは、オンボードのノイズゲート、ホストシンク可能なパワーソーク、プリ/ポスト切替え可能なEQ フィルター・コントロールなど、ミックスダウン前後のサウンド・メイキングの仕上げを可能とします。

SVT-VR プラグインは、23種類のレコーディングチェインのプリセットによって究極のフレキシビリティを与えます。Brainworx が持つ、超レアなNeve VXS72 コンソールを使用してキャプチャーしたビンテージマイク、キャビネット、アウトボードギアなど様々な機材を通してサウンドをオーディションしてみましょう。それは、エンジニアのように様々なチェインとマイク配置パッチンすルことができます。また、1,2,4小節単位でレコーディングチェインをスクロールする機能を設定することもでき、楽器を演奏しながら様々なフレーバーを確認することができます。
$149.00

FAQ
Ampeg SVT-VR Bass Amplifier プラグイン
ベーシック & FAQ
Ampeg SVT シリーズにはどんなストーリーがありますか?

Ampeg SVT は、ロックンロール・ベースアンプです。共に象徴的な8x10 キャビネットの上に置かれている SVT ヘッドの口径は Marshall のスタックと同じくらいよく知られています。

SVT を愛用した有名ミュージシャンはどんな人達ですか?

Rolling Stones から Dave Matthews Band、, Smashing Pumpkins から Neil Young に至るバンドのベーシスト、そして Metallica の Robert Trujillo、Primus の Les Claypool、Sonic Youth の Kim Gordon や Bootsy Collins など、多くのベーシストが SVT を愛用しています。

ほとんどの場合、ベースはダイレクトにレコーディングしますが、Ampeg SVT-VR プラグインは、ダイレクトにレコーディングしたトラック上にどんな利点を与えますか?

ダイレクト・ベーストラックは、多くの場合、サウンドの調整に多くの EQやコンプレッションを必要とします。そのサウンドが求められているもののほとんどがマイキングした SVT の音だと言えます。 SVT-VR は、複数のキャビネット、マイク、アウトボード機材の選択を介して再生することで、最適な SVT サウンドを提供します。

SVT-VR と SVT-3 PRO は、どんな点が異なりますか?

SVT-VR と SVT-3 PRO は、ベースのレコーディングに異なる様々な音色のオプションを提供します。組み合わせることで多くの音楽スタイルをカバーすることができます。曲のアレンジやミックスによってどちらを使用するべきか決定することができます。SVT-VR はチューブが詰まっています。パワーアンプだけで6本の6550管を使用し、プリアンプ段では8本のチューブを使用しています。これはトラックにオールチューブのAmpeg アンプの伝統的なバイブを提供します。 SVT-3 PRO は、3本の 12AX7 チューブがを装備したプリアンプをソリッドステート・パワーアンプに送り、“Ampeg ラウンドサウンド”を与えます。ベースアンプの近代的なアプローチによってトーン作成に関する様々なコントロールを持ちます。

どのようなトーン・シェイピングがSVT-VR では使用できますか?

Ampeg SVT-VR “Blue-Line”アンプは、独立したトーンとボリューム・コントロールを持つ2つのチャンネルを備えています。:ノーマル、ハイエンド・エンハンス(ブライト)など、4つのインプット・オプションがあり、それぞれが独自のサウンドを提供しそれぞれが独自のサウンドを提供します。これらインプット・タイプの個性もプラグインでモデリングされており、インプット・タイプを選択するためには、インプット・ジャックをクリックします。ウルトラ・ハイ、ウルトラ・ロー、ミッドレンジ、ベースカット・スイッチなどでさらにサウンドを調整することができます。

どのようなキャビネット構成を選択することができますか?

Ampeg SVT-VR と SVT-3PRO のレコーディングチェインは、サウンドを保管するためにいくつかのAmpeg SVT ベース・キャビネットの選択を行なうことができます。クラシックな 8x10、4x10、1x15、4x10 に加え、1x15 キャビネットから選択するか、キャビネットをバイパスしてアンプ・セクションのみのサウンドを使用することもできます。.

FX パネルにあるホーン・スイッチはどんなものですか?

SVT キャビネットの一部は、410HLF のように特徴的な機能を持つピエゾ・スピーカーを使用していました。後期のChris Squire のサウンドが良い例です。プラグインでは、410HLF を使用するレコーディングチェインにのみこのホーンを使用するのではなく、他のスピーカー・キャビネットでもこのホーンのサウンドを追加できるようユーザーインターフェイスにホーンのモデリングを加えました。例えば、SVT 8x10 キャビネットにホーンを加える事ができます。

$149.00

レビュー

レビュー

  • John Fields

    (Switchfoot, Andrew WK, Pink)

    “The search is over for a killer rock bass plugin. Absolutely loving the Ampeg SVT-VR / SVT-3PRO. Turn an ordinary flabby Bass DI into a supercharged BIG stage rig."

ユーザーの評価

  • 1 Star
  • 2 Star
  • 3 Star
  • 4 Star
  • 5 Star
平均評価 (83 レビュー)
    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    True Blue
    by C. Anderson(Friday 24 March, 2017)

    I am using this one for about four different bass players now. Using them in unison. They are having a hard time telling the difference. I would say this is quite a statement as these dudes all own or have owned those large A#$ SVT's. I told them, they could most likely use an apollo twin… ǶÁÂȪむ

    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    Excellent
    by J. Holt(Saturday 18 March, 2017)

    I played in bands with the real thing for years. To my ear, this thing nails it. I like it so much that I sold my hardware rig. Works very well in a mix. ǶÁÂȪむ

    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    Nailed it
    by S. Durkan(Thursday 2 March, 2017)

    I run my P-Bass into a Roland SIP-301 (same preamp Peter Hook used in Joy Division) and finally into the SVT-VR and I've had many a client shocked at how great it sounds. I often use it as a virtual guitar rig, reamp for kick + snare, etc... Definitely a top notch plug and a workhorse of my flow. ǶÁÂȪむ

    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    Real deal SVT tone
    by C. DeRosa(Monday 27 February, 2017)

    This ampeg SVT is No joke. Very realistic. Recording direct in just got so much more exciting! ǶÁÂȪむ

    • 1 Star
    • 2 Star
    • 3 Star
    • 4 Star
    • 5 Star
    very cool
    by M. Pearson(Monday 27 February, 2017)

    I have been trying to get that dirty funk bass sound for ages, and this is the first plug in that does not thin the sound of the bass out......lovely... ǶÁÂȪむ

$149.00

機能とスペック
Ampeg SVT-VR Bass Amplifier プラグイン
Features.
主な特徴
  • Ampeg よりエンドースされ、世界中で愛されたチューブ・ベースアンプの忠実なモデリング
  • 伝統的なトーンとシンプルな操作のクラシック Ampeg SVT-VR
  • DI ベースのトラックを強化するアンプ・シミュレーション、レコーディングチェインと FX ラック
  • すぐにワールドクラスのベースサウンドをデスクトップで使用可能
  • 素晴らしい環境でレコーディングされた複数のスピーカー・キャビネットを持つ23 種類のレコーディングチェイン
  • Apolloの 超低レイテンシー・モニタリングを使用して本物のアンプのようなフィーリングが得られます。
パラメーター
Ampeg SVT-VR フロントパネル
  • Power: 2段階切替え、 Off / On
  • Preset: 4段階切替え、A / B / C / D
  • Input Type: 2段階切替え、 Normal / Bright
  • Input Channel: 2段階切替え、 Ch 1 / Ch 2
  • Ch 1 Ultra-Hi: 2段階切替え、Off / On
  • Ch 1 Midrange Frequency: 3段階切替え、 1 / 2 / 3
  • Ch 1 Ultra-Lo: 3段階切替え、 Bass-Cut / Off / Ultra-Lo
  • Ch 1 Volume: 連続可変、0 ~ 10
  • Ch 1 Treble: 連続可変、0 ~ 10
  • Ch 1 Midrange: 連続可変、0 ~ 10
  • Ch 1 Bass: 連続可変、0 ~ 10
  • Ch 2 Ultra-Hi: 2段階切替え、Off / On
  • Ch 2 Ultra-Lo: 2段階切替え、Off / On
  • Ch 2 Volume: 連続可変、0 ~ 10
  • Ch 2 Treble: 連続可変、0 ~ 10
  • Ch 2 Bass: 連続可変、0 ~ 10
FX ラック:
  • Preamp Input Gain:連続可変: ±20 dB
  • Power Soak:連続可変: -40 dB ~ 0 dB
  • Horn: 2段階切替え、 Off / On
  • Noise Gate Bypass: 2段階切替え、 Off / On
  • Noise Gate Threshold:連続可変: -120 dB ~ 0 dB
  • Noise Gate Range:連続可変: 0 dB ~ 100 dB
  • Tight Filter: 3段階切替え、 Off / Pre / Post
  • Tight Frequency: 連続可変: 30 Hz ~ 3000 Hz
  • Smooth Filter: 3段階切替え、 Off / Pre / Post
  • Smooth Frequency: 連続可変: 3 kHz ~ 35 kHz
  • レコーディングチェイン(キャビネット、マイク、アナログシグナルチェイン・オプション):
    • Ampeg 8x10 キャビネットのバリエーション:8
    • Ampeg 1x15 キャビネットのバリエーション:4
    • Ampeg 4x10 キャビネットのバリエーション:7
    • Ampeg 4x10 + 1 X 15 キャビネットのバリエーション:4
    • EMPTY Play Real Cabinet (キャビネット・バイパス)
$149.00

マニュアル

Ampeg SVT-VR Plug-In Manual

 Hardware & Software Manuals
$149.00