ユニバーサル・オーディオの 710 Twin-Finity™ トーン・ブレンディング マイク・プリアンプリファー & DI ボックスは、真空管のクラシックでレトロな温かみとソリッドステートの鋭敏さを併せ持つ、2Uのハーフラック・ユニットのUA マイク・プリアンプです。本記事では、710をフルに使いこなすために役立つヒントや秘訣をいくつかご紹介します。.

真空管 vs. ソリッドステート — その違いとは?

オーディオ・エンジニアは真空管とソリッドステートの両方のプリアンプを用意し、プロジェクトの内容によって使い分けているものです。真空管のプリアンプはその温かみと豊かな音色をこよなく愛されてきましたが、一方でソリッドステート・プリアンプは、精緻で明確な細部描写力を特徴とし、精密な信号ハンドリングができます。

一般に、ソリッドステート・プリアンプはクラシックやジャズなど、色づけやノイズや歪みがなく、演奏の忠実な表現を要求されるレコーディングに本領を発揮します。クリーンのソリッドステート・プリアンプを使用すると、音の造形や色づけを入力時ではなく、ミキシング段階でおこなうこともできます。

しかし正確性よりも“雰囲気”を重視する場合、真空管プリアンプを使って元のサウンドを力強く目立たせ、リスナーが快く好もしいと感じる色づけを入力信号に施す方法は広く知られています。

ではどちらのプリアンプを選べば良いでしょうか? 710Twin-Fintyは両方の設計を一つの箱に収めました。独自のブレンド・コントロールを装備し、サウンド全体に対するそれぞれのプリアンプの割合を、緻密にダイヤル調節できます。

710 Twin-Finityを知る

710はデュアル・ゲインステージ コントロールを搭載し (Gain/Level)、入力信号の色彩感や歪みのバリエーションを根本から豊かにします。VUメーターには独自のドライブ・モードを装備し、真空管/ソリッドステートのドライブ量を目で見て確認できます。710 Twin-Finity のトポロジー設計に関して詳しくは、ドクターの記事を参照するをご参照ください。

The 710 Twin-Finity プリアンプはクラシックな真空管
の温もりとソリッドステートの鋭敏さを兼ね
備えています。

710はほかに、エレキギターやベース、その他の楽器接続のための独立JFETダイレクト・インジェクト入力、モノリシックのバランス出力部、ファントム電源、マイク入力用-15dBパッド、極性反転、75Hzローカット・フィルター、そしてポータブルかつラックマウント可能な設計、等を装備しています。

多用途性およびパワーに優れた710は、とても簡単にお使いいただけます。コントロール類はシンプルで必要不可欠な、実用的用途に必要な機能に絞って搭載しています。


UA 710 Twin-Finityプリアンプを最大限にご活用いただくためのヒントをご紹介します:

ドライブ・メータリング

The 710の真空管プリアンプでは、適度にザラっとした質感から本格的なグランジまで、クラシックな倍音ディストーションを、狙った量だけ正確に信号に付加することができます。ドライブメーター機能は、真空管をドライブしている信号をモニターし、信号の真空管サチュレーションの量を目で確認できるので、ゲイン・コントロールのレベルを決めるのに大変便利です。

水晶のようにクリアーな真空管トーンでは、メーターは範囲の一番低いあたりを表示します。真空管の歪みをフルに活かしたい場合は、メーターが赤くなるところを目安にします —どちら側の極端に設定しても問題はありません。何度かドライブ機能をお使いいただく間に、感覚がつかめ、お望みの真空管キャラクターをすばやく簡単に得られるようになるでしょう。

ドライブメーターは、出力信号の
真空管サチュレーションの量を表示します。

ドライブ・モードでは、710メーターは正されるため、 0VUは1.2% THD(1kHz正弦波)に相当します。 しかし、歪みの量をどう感じるかはソースとスタイルにかなり左右されるため、歪みレベルの計測値を重視しすぎないほうが良いでしょう。正弦波2% THDはかなりの歪み量で、生まれついての音楽好きといった方以外にもわかる程度の量です。しかしボーカル・トラックでは、同じ2% THDが真空管の温かみを感じる心地よい響きになります。そしてオーバードライブさせたギターでは、 2%のTHDはほとんど聴き分けることができません。

一番大事なことは、ドライブ機能を使う時にメーターがどのような値を示そうと、そのトラックにとってその音が最適であるかどうかが重要である、ということです。メーターはガイドとしてご使用いただき、それをOK/失敗の目安とはしないでください。感覚をたよりに、その音が正しいと感じるかどうか、そしてその感覚を信じて邁進してください。

ボーカル、ボーカル、そしてボーカル

710には1つだけでなく、2つの完全に独立したプリアンプが搭載されているため、マイクの種類やボーカリストのタイプを問わず、大変めざましい働きをします。 710のいずれかのプリアンプを通すと、安価なステージ用ダイナミックでも、リッチさがプラスされ風通し良く、粒立ちの荒さや余計な色づけのない、生き生きとした音になります。

コンデンサーマイクのパリっとした精確性は、余計な色づけをしない710の正確なトランスインピーダンス・ソリッドステート・プリアンプと好相性です。また、真空管サイドを使用して、トーンに温かみを加えることもできます。さらに良いことには、センターのブレンド・コントロールを使用して双方のプリアンプの量を的確にダイヤル調節して、マイクの周波数キャラクターやボーカリストの声質にマッチさせることができます。

ブレンド・ノブはあらゆる種類のトーンの
可能性を開きます。

あらかじめ音質に温かみのある真空管マイクをボーカルに使用する場合、710のソリッドステート・プリアンプでの補正をお試しください。または、ブレンド・コントロールを使用して、真空管とトランスのコンビネーションをダイヤル調節し、ソリッドステート・トランス側の量をお好みに合わせてください。

エレクトリック・ギターおよびベース

いまさら驚くことではありませんが、ギターの世界では真空管アンプは根強い人気を誇ります。真空管プリアンプとエレクトリック・ギターまたはベースの組み合わせには特別なものがあります。 710のゲイン・コントロールを上げると、かすかにうなるような音から本格的なグランジまで多彩な色づけをすることができます。ブレンド・コントロールをトランス側に回すと“オーバーロードしたコンソール”効果、真空管側に回すとオーバードライブしたギターアンプの骨太さと切れ味をエミュレートします。

エレクトリック・ベースのプレイヤーは、少しトランス・アンプ寄りになるように、ブレンド・コントロールをセットすると良いでしょう — まずは10時の位置に合わせてみてください。ソリッドステート・プリアンプの精確性を活用し、ほんの少し真空管の温かみを混ぜます。アコースティック・ベースには、ダイアルをもう少し真空管プリアンプ側に回してみてください。

アコースティック・ギター

710はアコースティック・ギターの録音にも威力を発揮します。ダイアグラムの小さな無指向性マイクと組み合わせてみてください。ブレンド・コントロールを2時の位置に合わせます — ほんの少し真空管プリアンプ側に傾けます— 素朴さと温かみを兼ね備えた音を作ることができます。

ホーンおよびリード

710のトランス・プリアンプの優れた細部描写力は、ホーンやリード楽器に最適です。ブレンド・コントロールをおおよそ9時の位置に合わせると、真空管の温かみをほんの少し付加し、どのような音楽性にも合うサウンドを得られます。

ドラム

710はドラムの録音に、幅広い音の可能性を開きます。 トランス・プリアンプの優れて俊敏なレスポンスは、オーバーヘッドやアンビエント・マイクのシンバルのシャリ感をよく拾い、真空管プリアンプはスネアとタムのマイクに太さを付加します。

複数のマイクを使用する場合はそれぞれの
極性を試してご使用ください。

再度申し上げますが、マイクの位置や特定の使用マイクによって、2つのプリアンプをブレンドしていただくことで、最良の結果が得られます。また複数のマイクを使用する場合は、極性コントロールもお試しください!

Twin-Finityでのドラム録音について、詳しくは次の記事をご参照ください: 4-710d マイク・プリアンプのドラム使用時のトーンの可能性を探る

ライブ・アプリケーション

710は録音での使用を最優先に設計されていますが、ライブ・サウンドの道具としても威力を発揮します。真空管プリアンプ部はビンテージ・ギターアンプ設計に基づいているため、 オンステージ・プリアンプとしてもお使いいただけます— Hi-Z入力に直接楽器を接続し、710の出力をパワーアンプまたはハウス・コンソール入力に配線していただくだけです。

さあ!あとは710の ユーザー・マニュアル を必ずお読みいただき、このユニークなアナログ・プリアンプの概要を詳しくご覧ください。お客様独自のトーンを探求する冒険のスタートとなりますように。



Products in this article: 710 Twin-Finity™